いい加減

いい加減。

林さんがこの会社の売り(目標?)を、

「いい加減」にしたいんやとおっしゃいました。

もちろん頭の固い私は一瞬戸惑いましたが、

「良い加減」という文字が思い浮かんだ瞬間、納得。

林さんがいつも語ってくださる仕事への姿勢を、まさに一言で表しているなぁと。

この会社は「良い」加減なのだと、

私はつくづく感じているようです。

無駄な決まりにとらわれず、

必要最低限のルールのもと、

臨機応変にいろんなことを回しているように感じます。

施主さんにとっても、設計者にとっても、それはとっても結局プラスになることなのではないでしょうか。

本当の「良い」加減さが、この建築業界には、足りてないんやという、

この事務所での小さな会話が、いつか世の中を変えるかもしれません。

Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic