ほんまの得って

林さんのお話。

以前書いた「ほんまにええもん」にも通じるお話。

組織で仕事をするとき、避けられないものがある。

組織の拡大とともに規律が増え、

何かトラブルが起こった場合の予防線としての規律も生じ、

必要のないしがらみができる。

してはいけないことリストの書かれた公園の看板のように。

それは、本来の目的を見えなくする。

ほんまにええと思うことを純粋にできる環境であれば、

例えば何かが起こってしまったとき、

「あのときはこう思ってたからこうやった、

それでこうなってしまった、すみません。」が言えるし、

例えば正しいと思ってやっていることに対して違うと言われても、

後になってから

「あんたが言うてたん、ほんまやったな。」と言ってもらえるはず。

そういう環境づくりを続けていくつもり。

でもほんまに、そうなってたらな、得や。

気づけば林さんの口調になっていました。

ほんまの得って、実際そういうことなのでしょう。

Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2013 by Takakura construction inc.